忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

重要


タイトルを付ける時に、キーワード出現頻度も重要になってきます。上位表示させたいキーワードの出現頻度としては一回は必ず記述するようにします・ここで注意しなくてはならないことは、二回以上キーワードを出現させてはいけないということです。重複したキーワードの出現もいけ間s年。例えば、居酒屋新宿|居酒屋新宿という記述の仕方をしてはいけません。真ん中の「|」は、バーティカルバーというものです。SEOを施しているページにはよくバーティカルバーが記述されています。キーワードを二回以上使用してはなぜいけないのか。不自然だからです。不自然なページの評価は下がります。読み手に不自然だと思われてはならないのです。もちろん検索エンジンに対しても不自然であってはなりません。ちなみにバーティカルバーは約物なので、SEO上の効果に影響を与えることはありません。バーティカルバーを使っているからといって検索結果が良くなるというわけでもありません。

短期的なアルゴリズムに最適化させても上位表示は一時的・一過性で終わる。中長期アルゴリズムに最適化
サイト内のURL群、営業と集客の分離。営業部隊とSEO集客部隊に編制
内部対策はオリジナル部分SEO・コンテンツSEO優先。共通部分SEO劣後

催眠(ヒプノ)で前世を知るには?セラピーサイト
催眠前世

ゴミ回収の料金表ページ、松山市のリサイクル屋
ゴミ回収 松山

「Bingで上位表示、Googleは検索圏外」原因。被リンク過剰パターン化
Google外部SEO対策の要、3要素「被リンクエイジ,衛星サイトエイジ,リンクポピュラリティ」
Google SEO対策は2030年に2012年の512倍ほど難易度上がる。SEO未来予測まとめ
トップページがコンテンツSEOに不向きならサブURLで対策。無駄&無理
内部SEO対策はURL,サイト,ドメインの3段階。難関キーワードはサイトやドメインの内部対策必要
短期間で大量にバックリンク供給する場合のみIPアドレス分散必要。適量供給ならIP分散被リンク不要
対策キーワードはマスマーケットとニッチに選り分ける事が大事。マスマーケットSEOとニッチSEO
被リンクのペナルティーはある。外部リンクを貼る前以上にSEOスコア落ちる事も。SEO対策スパム
「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズムで発生するペナルティ
営業目的ブログとSEO集客目的ブログに分離。集客は機動、営業は人心
外部SEO戦略。被リンク強度は固定し、貼られ続ける固定被リンクを増やす。オールド被リンク増⇒安定
PR